Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2016年01月09日
http://www.hawaiijiten.com/mailmagazine/20160109ml.html



皆さんこんにちは

一つだけ。
やることは
一つだけ。

どんなに、遠大な事業でも、
壮大な道のりであっても、、、

(少々長文失礼!ですが、今回は2016年お年玉スペシャルテクニックのご紹介です〜)

人はとかく、自分が経験したことのないような尋常ではない大きな難題が降りかかってくると、恐怖を感じ、脳はパニックを起こす。
偉そうにコメントしている私もそうです。(未だに私は超未熟モノかと)

が、その理論はこうだ。

恐怖とは?
なぜ
恐怖なのか?

そして起こしたくもないパニックを自身で起こすのか?

それは物理的には恐怖が「大きく」見える(つまり、自分の脳では解析できないほど強い!つまり勝てない。だから恐怖だ!と脳が自分に伝達しているから。に他ならない)

では本当にその恐怖とやらは「大きい?」のか?

私の経験では、確かに大きい。
それは認めます。

が、実はやり方によっては限りなく「小さく」することもできる。
わけです。

そして、小さいと?恐怖はあまり感じない。
と、逆も然り。な訳なのです。

少々長くなりますが、
まず、なぜ大きい?のか?
そして脳はそう指令するのか?

理由は簡単だ。
私流の解釈ですが、それは大きいのでは必ずしもなく、

「横幅」で脳が圧倒されるから。。。
に他ならない。わけです。



横に広い。と視界的に脳が勘違いして、やたらと大きく見えてしまうのです。

孔雀の羽でもライオンのたてがみでも横に「バッ!」と一気い広げるから、びっくりするわけで、相手は「うぁ〜!」、「助けてぇ〜」
となるわけだ。でも、ライオンならまだしも、孔雀に襲われて死んだ。という人を私は知りませんw

が、

それをビジネスに置き換えると、一気に沢山の問題が襲いかかってくると、経験のない方は、横に広く来た!と、視えてしまい、上記の例と同じで、脳がびっくりし、途端に処理能力を超えてしまい、そして狼狽する。。
というわけだ。

それじゃどうするのか?

私の経験上、そんなに難しくはない。

波状攻撃?(に一見見える)のパターンを分析する。
と、実はそれは小さな問題の集合体であるケースがほとんど。
であることに気づくわけだ。

そうなると問題は意外に小さく、脳は普段通りに動き始め、対処方法をイメージし、優先順位を決め、

具体的には
私の心の中では、、、
火力の配置やロジスティックや遊撃のポジショニングを定め、

そして、一点、一点、
くどいですが、
どんな時も「一点」

対応していくイメージを持つ。

つまり大きな問題も全て

「一点」の集合体

に自分自身で、勝手にそう解釈しちゃう。

わけです。



それは先ほどの「横」からの波状攻撃に圧倒されている自身「脳」が一転して

「縦」型展開

に変わった瞬間に相成るわけでもあるわけです。



すると、どうなるか?
強敵?無敵?絶体絶命?

と思っていた脳が、

「なんだ。。。最初に思っていたほど、実は大したことねえじゃん・・・」
となるわけだ。



だって、毎回毎回、小さな「点」に対応すればいいわけですから。
楽チンなわけです。(当たり前ですよね)

その点が長く続いている。と、横に広がって、一気に襲いかかってきた!とでは、見える「景色」がぜんぜん違うわけなのです。



そう。

やることは一つだけ。なのだ。
それが終わると、また一つやる。
そして、その次にまた一つ。。。

この繰り返し。

今の世の中、一度に複数の仕事をこなす?人が仕事ができる?
という風潮があるようだ。
が、結局、それも同じこと、脳は一度に複数の情報処理はできないようにできている。
が、実際に複数こなしてみ見えるのは、

上記の理論。

つまり、一つ一つ順番に「攻略」しているからに他ならないのだ。

2016年。
超難題?
あなたにはできる。
このテクニックさえ知っていれば。

はい。

くどいようですが、

今すべきこと?
一つだけ。
やることは一つだけ。



それでは来週は日本です。

お会いする方々、楽しみに致しております!



小林護より





◎添付画像の物件?

47500ドル!

(家賃900ドル)

2014年リフォーム済み!

政府保証済み!

賃貸契約無論済み!



ちなみにこちらの物件は、2012年にはなんと、

130000ドル!来たぁ〜!



ということで、こちらも一つづづ?慎重に探してますぅ〜

というか、私の代わりに「目利き」をしてくれるアメちゃんにガンガン交渉をさせてます。

最近このレベルの球数が市場から激減してきておりますので、

馬車がカボチャに戻る前に、ご興味のある方お早めにご一報ください。

KCFの合わせ技・コンサルの極意をとくとお見せしたいと思います。



小林より



http://www.hawaiijiten.com/mailmagazine/images/20160109/17309Stout.jpg


facebookFacebookでつながりましょう
https://www.facebook.com/mamoru.kobayashi.359




バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n