Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2015年12月15日
http://hawaiijiten.com/mailmagazine/20151215ml.html



皆さんこんにちは!

さて、いよいよ12月も後半。

皆さんにとって、今年はどんな年でしたでしょうか?

私は。。

と申しますと、今年は日本とハワイを9回往復、マレーシアにも初めて足を伸ばしました。
(あくまでも視察目的にて。。)

個人的には、、、

ハワイ在住21年目になってしましました。

一方で、海外(と言ってももっぱら私の場合は、ご周知のとおり、逆パターンにる都合上て、東京がメインではありますが、いつものお気に入りホテルに)約90泊しました。

つまり4日に1日は日本に居たことになる。。
これだけでも相当額がコスト?かな?

と、考えてみたところ、

いいえ。

そうでもない。と。

なぜか?

はい。

勘の鋭いあなたはお見通しですね。

「赤本」でも書いた通りですが、、、

資本主義という名のピラミッド構造

つまり「座組み」



つまるところ、



?オーナー(資本家)
?会社経営者経営(社長業)
?給与所得者

の3つのステップ構造になってます。

そして、

?は?のために労働し、

?は?のため?を管理する。という名目ではあるが、結局労働する。

という仕組みにて間違いないかと。

そして、?も?も源泉徴収だ。

と相成るわけです。

が、やろうと思えば誰でもできるのだ。
私は自分がサラリーマンだった経験からも、自信を持ってそう断言できるわけです。



何を?

脱藩を。です。

いや(汗)

脱サラ・及び、脱経営者を。

(今風な解釈をするならば)

です。



士農工商制はもうないのだ。

でも多くの日本人の血筋は面白いことに、依然として、、

いや、そんなことはない。

お上は存在するし、自分は従うしかないのだ。。と。

そう。頑な信じている人が多いように感じてしまうのは私が海外の生活の方が長いからでしょうか?

いずれにしましても、、

無論、簡単な道ではないが、

上に上がれば上がるほど「解放」される。

何から解放されやがて自由になるのか?

個人的な所感ではあるが、、、

時間もそうだが、更に具体的にいうと、上に上がるほど、お金の使い方も自ずとそうなってくる。わけなのです。



そう。
一人社長で会社を立ち上げることにより、自由な裁量になるこの不思議な座組み、、、

つまり、「経費」枠

という眩いシステムです。

これが、私に言わせれば、資本主義化に生きる我々の究極の押さえどころ。

と処するべきかと。いつも思うわけなのであります。



たとえ有名な大企業の取締役さんだったとしても、

自分の本能のまま、自由勝手気まままに、「会社経費」を使うことはできないだろう。
おそらく、額が大きければ大きいほど、その都度何度も「お伺い」を立てているのではないだろうか?

一方で、赤本の通りに動き、やがて私の提唱する
無国籍自由「人」
になるとどうなるか?

無論、私も「会社」を「一応」持っている。
そういう意味では会社という「座組み」の中にいる。と言えなくもない。
が、
本質はどうか?

はい。
当たり前です。

私「一人」が100%株主だしです。
そしてこれからもこの座組みは変わることはない。。

理由?

はい。
全てが、「自由」に節税メリットを享受するためです。

会社名義での出張
会社名義での視察
会社名義での福利厚生
会社名義での交際接待・・・

そして、資本、労働、

そして、「土地」

に注目して欲しい。

近代の資本主義を構築する3本柱なのですが、、

土地を持つ。

それによりあなたは変わる。

家賃収入はフローだ。
フロー無敵論。
はこういう意味なのだ。。

もう一度申上げよう。

日本もアメリカも資本主義。
資本主義とは資本家が幸せになれる座組み。
資本家とは?
その答えが、
無国籍自由「法人」

と化した

無国籍自由「人」

「枠」の中での行動なのだ。。だと、実際にいろいろとやってみて、感じる。。。



◎ 次回の個別相談会を1月の15日位からを予定いたしております。

正式決定次第、お知らせします。(先行予約しますので、ご希望の方はお知らせください)



◎ 土地(不動産)を買う。

買う?

どんな?

はい。画像ご参考までに添付しました。

二世帯住宅。

家賃1000ドル(500ドル×2)

値段?

今ならなんと、$47500

余談ですが、

今後10年で、このまま資本主義を推し進めるとどうなるか?

はい。簡単です。

いわゆる「中間層」は淘汰され、いなくなります。

よってモノやサービスは無論、売れなくなります。(例えモノ、サービスのクオリティーが高くても・・・)← ここ重要。

よって、モノを売ることで「幸せ」をつかもう。という理論自体が、時代遅れになります。

それじゃ、どうするんだ?

はい。その答えが、資本、労働、土地の選択と相成るわけです。

そして、上記の経費枠を使って幸せを導く。。

どうですか?



それでは皆さんまた来週!

小林護より

http://hawaiijiten.com/mailmagazine/images/20151215/IMG_3929.JPG

http://hawaiijiten.com/mailmagazine/images/20151215/IMG_3930.JPG


facebookFacebookでつながりましょう
https://www.facebook.com/mamoru.kobayashi.359


バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n