Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2015年12月02日
皆さんこんにちは!


やっとハワイに戻ってきました。

今回の個別相談会を含めて約2週間の出張は、私にっとて衝撃的なものでした。



日本にはかつて、

ある「地方」にある「塾」

を経営していた男がいた。



そして、
その男は、少々風変わりな教育をしていた。

授業などはもっぱら、そっちのけで、


「男としてどう生きるべきか?」


といったテーマを論じるのが好きだったのだのだ。
そして彼のテーマはもっぱら孟子だったそうだ。


更に、この塾は、テストもなく授業料もなし。


更に、その塾の実質的な「開催」期間は経ったの2年と10か月。。。


という無茶苦茶な経済状況でもあった。


よって


経営破綻必至、生徒ゼロ・・・

更に、経営破綻、自己破産?と思いきや、、、、


かと思いきや、、


その男は、2年と10か月ののち、なんと「死刑」になってしまった。

一方の「塾」はどうなったか?

無論、塾長が居ない為、
2年10か月で閉鎖した。



のだが、、、

門下生一派から、、、





内閣総理大臣2名!

国務大臣7名!!

大学の創設者2名!!!


が現れてしまったのだ。

繰り返します。


塾の「開校」期間はたったの

「2年10か月」

そして塾長は死去。


という状態です。


そして、この流れはご周知のとおり、日清、日露の軍閥(薩摩は総じて海軍軍閥、聴衆は陸軍閥)に繋がり、そして日本国憲法下にても舵取りを任され、更に「今」の内閣でも脈々と流れていることは決して偶然ではないと感じている。


マレーの虎に会った。

今でも彼との打ち合わせ内容は衝撃的だったし、凄い目をしていた。。

そして、一方で私はそんな塾と塾生、そして、塾を創った時代の超異端児・吉田松陰、そして松下村塾、を回想してしまっていた。。。



ちょっと興奮が冷めよらない私ではありますが、また色々と面白い話がありますので、お知らせしますぅ〜


小林護より




◎ KCF忘年会@ハワイを18日に開催予定です。

ご希望の方、お知らせください。

(Members Only)
バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n