Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2015年11月04日
人生。捨てたものじゃない。。


今年9回目の個別相談会をもうすぐ実施いたしますが、私の個別相談会を体感したことがある方であれば、
私の「やり方」はかなり変則であり、一般的ではない。と思われるようです。


といいましても、原則論は、ご周知の通り、幸せになるための、経営論や投資論が「本職」であるのはいうまでもありませんが、往々にして、私の話は、それでけではおさまらず、

歴史や哲学、
そしてあるときは物理学、、、


といったまったく違う方向に脱線することがすくなくありません。


その理由はそのような話の方が私が独自で描いている「幸せ論」を皆さんにより鮮明に3D化してイメージしてもらえる方法はこれだ!
といろいろと経験しながら思ったからに他なりません。


そんな個別相談会ですが、ごく稀にですが、成功している方ではあるものの、現在はけっこう凹んでいる経営者さんのコンサルをすることもあります。


彼らは、資金や実績はあるものの、現在は、喫緊の経営の失敗で精神的に少々傷がついている。。。ような感じのパターンです。
どこか顔に生気がないように感じるパターンでもあるわけです。


がよくよく話を聞いてみると、私からすると、「そうでもない。。」(たいして問題とは思えない。。。)と率直に思ったりするわけなのです。


といってもその本人であるご自身は現在問題の渦中に入り、蟻地獄のような状況にいると思い込んでいるため、「今」が最悪に近い?といった所感をもっているようなのですが、

繰り返しになりますが、私のようなまったくの第三者からすると、やっぱり「そうでもない。」
それどころか、かなり「いい線」いってるじゃん!社長さん!応援しましょうか? 私流のやり方で?


という気持ちになるわけです。
少々前置きが長くなりましたが、、、
私はそこで「こんな話」をするわけです。


「社長、いろいろあったのはわかりました。
それじゃ、簡単でけっこうですので、今までのベンチャー起業家としてのあなたをグラフ化してもらってもいいですか?」

と提案してみます。


はじめはきょとんとした顔をする方がほとんどですが、適当に、私の場合も過去にはこんなことがあり、こんなことで騙され、凹んで、でもこんないいこともあったりして、、、などと、私の経験をざっくりとお話しをするわけです。


そして、、ふんふん。といった顔でその社長も自分の今までの経緯をグラフ化して、簡単にさらさらと書き始めます。。

ちなみにこのグラフですが、今まで全員「折れ線グラフ」です(私が何か注文したわけではありませんが、決まってそうなります)

そして、きまってそのグラフはどんどん「上昇基調」にあります。← ここ重要!


ここで凹んで、そしてまた復活して、、、といった具合にジグザクにはなるわけなのですが、なぜか、、、
一度の例外もなく、かならず、株のチャードじゃありませんが、歴史とともに下がったら次は上がっているのです。

そして、現在は?といいますと、かなりの自己ベスト?に近い山から、カクン!と落ちている状況。となっているわけなのです。


でも、どうですか?

今までの折れ線グラフでは、毎回、その後の展開として、またチャートは上がっているわけなのです。

そこで、私の話が始まります。


社長。凹んでいるのはわかりますが、このチャートをみると、いつもあなたは凹んだ後、自己ベスト(最高値)を更新してますね?

つまり、このあとどうなるか?は自身がよくわかっているんじゃないんですか?
と進めるわけです。


はい。


おわかりですよね?


凹む理由?


それは今まで経験した以上のもっとでかい山を登ろうとして、遭難しかけた。
からなのです。


今まですでに登ったことのあるような低い山にはもう興味はないし、時間の無駄だとおもっている。(そしてそれは私からすると正解)よって、挑戦した。が思った以上に手強かった。


物理的な見地からすると、それだけの話なわけなのです。何も凹む必要などないのです。そのでかい山を登ることができれば、もっと高みに達することができる。


ということは「その」折れ線グラフが示しているわけですから。。

自分を褒めてあげましょう!


そして、
あなたもたまに描いてみてください。


折れ線グラフ。
きっと、「俺って、私って、捨てたもんじゃない。。。」


ということを腹落ちし、自分の潜在能力の凄さに感嘆することでしょう。



◎小林護・ミニセミナーのお知らせ

今回の個別相談会が埋まってしまいましたので、前回に引き続き、急遽「ミニセミナー」を開催しようかとおもっております。

テーマ

「失敗しないアメリカアメリカ賃貸不動産投資」

ということで、私の体験談を交えて*結構ガチガチ*
な私が常套手段としているテクニックの数々の話をケーススタディー的にしてみたいとおもいます。(きっと今までに聞いたことがないような裏話を連発することにより、目からウロコの連発となることでしょう)



日時

11月21日と30日



16時〜18時になりそうです。


会員無料

非会員の方 5000円と成りますので予めご了承下さい。


ということでご希望の方お早めにご一報下さい。



小林護より
バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n