Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2015年07月01日
みなさんこんにちは!

確か前々回のメルマガにて小生のバンカラ高校生時代(笑)のお話を少々させて頂いたかとおもいますが、なかなか好評のようでしたので、続きを少々いってみたいとおもいます。

確か、前回は、18歳で始めた日本株の売買で留学の費用を賄った。。。
というお話をしたかとおもいますが、中には、株なんて、素人がそんなうまくいくわけないじゃん!というご指摘もあるかとおもいますが、
その当時(1985年)は偶然にもいわゆるバブル景気が始まろうとしていた時期でもありまして、ほぼどんな株を誰が買っても儲かった。という奇妙な時代でもあったわけなのです。。

極端な株など1年で倍になった。
なんてものもありまして、そのおかげで私はそんな無謀なプランも奇跡的にクリアにできた。。。という訳だったのでした。

歌舞伎町に多少の未練を残しながら(笑)も、私は次の道に行くことになりました。
ということで、留学生活ですが、私が最初に選んだのは、(自身がおばかだった。という理由で)短大(テキサス州の超ど田舎にある名もない短大)に入りました。
おばかとはどいういう意味か?いいますと、TOEFLが低すぎてまともな大学には入れませんでした。。(汗)よって、最初は誰でも入れる?そこの短大(現地ではCommunity
Collegeと呼ばれている)に一応入学したわけです。。
あと、当然株で軍資金を稼いだ。とはいえ、現地ではかなりのカツカツの生活を余儀なくされることがわかっていたので、無論東や西海岸などは望むべくもなく。。。という状況でもありました(haha....)

が、そんなテキサスですが、ビジネスするならいい感じかなぁなどとおもったこともありましたが、学業?となりますと、なんとなく「気」が合わず、私は半年でさっさとテキサスを諦め、今後はミズーリという州にある州立大学に編入しよう。編入することにしました。

でも、なんでミズーリだったのか?といいますと、テキサス時代のルームメイトもなんだかその地に気が合わない。。と申しており、その彼の友人がミズーリの大学に通っており、「こっちは楽しいぜぇ〜」などと言われており、私もそれにホイホイと付いていった訳なのです。無論ミズーリがどこにあるか?とか、何か地の利がある。といったことはまったくなく、またまた完全アウェー状態でした。

が、住んでみて、ミズーリは今思うといいところでした。

なぜテキサスよりもミズーリがいいところなのか?といいますと、これはちょっと過激な発言になってしまう(笑)ので公にするとよろしくないと思いますので、次回お会いした際にその差についての所感をお知らせしたいと思っております。

が、少々余談ではありますが、ミズーリはアメリカの中西部に位置しているわけなのですが、当時の「ある」貴重(今思うと)経験としまして、私はミズーリの大学時代は最初は寮に入っておりましたが、その後一軒家を友人とルームシェアをしておりました。

当時は寮よりも独立した方が気が楽だから。といった安易な発想ではありましたが、それが今思うと大きな経験となりました。
その後約20年して、そのような家屋を実際に投資するコンサルティングをする。と相成ったわけです。
時代は繰り返すのか? 煩悩とはそういうものなのか???
当時はもちろん夢にも思っておりませんでした。

よく個別相談会で、私がアメリカに53戸のアパートと一軒家を所有している。という話をすると、びっくりされる方が多いのですが、その後にかなりの確率で「アメリカのどちらですか?」と尋ねられます。

そして、私がミシガンやオハイオです。と答えると、まるで科学者が試験管に止まった「ハエ」でも見るかのような目つきで、「・・・」となり、私のことをじっと凝視されるわけなのです。(こいつ正気か?とでも言いたげに(爆))

彼ら(日本在住の日本人)にとって、オハイオやらミシガンなどという地名はまったく今までの人生に登場することはなく、おそらく私に会わなければ、一生登場しないで幕引きになる。とおもっている点は間違いなく、

が、私にしてみると、当時隣の隣の州(オハイオ、ケンタッキー、ミズーリの順)ではありましたが、そんな、日本人など皆無な中西部に実際に住んでいて、現地の人がどんな人々(この地は実際はドイツ系アメリカ人が多い)で、どんなところに買い物にいって、どんな日常生活を送っているか?というのをよく知っているわけなのです。

つまり、全然怖くないわけなのです。。。

当時そんな一軒家に住んでみた感想は、やけにだだっ広くて年季の入った?一軒家だなぁ。。
日本じゃありえネェなあ。 でも、やたらとリフォームされていて、これはこれで渋くていいじゃん!
などとおもったものなわけでした。


あれれ、今回は小生の学生生活をちょっとお披露目したかった次第ですが、全然違う方向の話になってしまいました。
それではみなさんまた来週!



◎個別相談会の残り枠があと「2つ」になりました。

7月19日14時半〜
7月20日13時〜

ご希望の方お知らせください。


小林護より
バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n