Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2014年10月13日
http://hawaiijiten.com/mailmagazine/1013ml.html



みなさんこんにちは。



このメルマガの最後の今回の個別相談会と12月6日開催予定の米国公認会計士との税務セミナーのご案内がございますので、ご希望の方お早めにお申し込み下さい。





今回は、どんなお話をさせていただこうかな?

と思っていたのですが、私が以前から思っていた、ある不可思議な点についていってみたいとおもいます。

それは、ほとんどの日本人は日本という国の中だけで、あまりに「画一的」な人生観をもって日々をおくっている。という日本人に大筋共通する国民性について。です。

そんな「画一的」な人生観の一例を挙げるとするならば、

ちょっと古くさい表現かもしれないが、

「組織に属す」のが正解だ

とか

「上からの指示に従う」そうすれば間違いない人生がおくれる

とか

「額に汗して働く」ことが最大の美徳であり、誉れだ

と多くの方が何の疑いももっていない。。と海外が長い私はそう感じてしまう訳です。

これは洗脳なのか? 
あるいは本心からそうおもっているのか?
いずれにしても「大きな勘違い」していると思えてしまうのです。。

確かに一生懸命働くことは美しい。
と云えないこともない。
が、それは、果たして、人生の「最大」のプライオリティと捉えていいものなのだろうか?

そうではなく、「最大」のプライオリティはもっと根本的な意味において、自身が「幸せになる」ことではないかと私は思う訳なのです。

その手段(幸せになる手段)としての一つの選択肢として、結果的に、ある人は一生懸命働く(額に汗して)という順番になった。
と捉えるべきではないかと?

つまり順番を履き違い、自分に合わない環境やリズムで、漫然と生涯働くことにより、結果として体を壊し、精神が病み、「不幸せ」になっている人は決して少なくないと思ってしまう訳なのです。

どうでしょうか?
幸せになる手段は、漫然と働くことだけでは決してない。と思うのは私だけでしょうか?

例えば、画像は私が最近アメリカで買い付けを入れた2世帯のミニアパート(土地付き所有権)だ。
家賃はだいたい両方で1000ドルちょっと。(今のレートで11万円くらいかな?)

このような「賃貸投資不動産」が、想定利回りが年約17%程度期待でき、日本円で今なら400万円台(リーマンショック前は1000万円以上していたケースがほとんど)で買える。(日本人でも買える)
という事実を、日本のほとんどの人は知らない訳なのですが、こんな情報でも知っていれば、セミリタイアして、ハワイに住めるかも???→(少なくとも漫然と体を壊す迄、仕事に追われる可能性は低くなるのではないか???)という発想を持ちましょう。



それでは皆さんSee you soon in Japan!



文 小林護







今回の個別相談会は10月24日から29日になります!

日程はこちらの最後に記載されております。



http://hawaiijiten.com/mailmagazine/1008ml.html





また前回のメルマガにてご案内しましたように、

12月上旬予定しております、米国CPAとの米国賃貸不動産投資セミナーを開催予定です。

12月6日を予定いたしております。



◎個別相談会はこんな人におすすめです。
●ハワイプチ移住を考えている人
●米国にて、賃貸不動産投資を考えている人
●結局、「無国籍自由人」になりたい人

開催場所は東京になります。



◎12月のセミナーは、KPMGご出身のツワモノ日本人CPAと私による実体験話が中心となります。
開催場所は東京になります。

受付はこちら↓からどうぞ!

http://hawaiijiten.com/mailmagazine/1008ml.html

http://hawaiijiten.com/mailmagazine/images/10376721_589073594548935_8807811460422495971_n.jpg

facebookFacebookでつながりましょう
https://www.facebook.com/mamoru.kobayashi.359


バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n