Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2013年12月01日
皆さんこんにちは。

いかがお過ごしですか?


突然ですが、


海外で出る。ということ。


私は自分のライフスタイルを押し付けるようなことはしたくありませんが、機会があれば、短期であっても、海外で暮らしてみることをお勧めします。 → 特に若いうちにこれをやっておくことを。


理由はいくつかあります。


当然、語学力が伸びるとか、視野が広がるといったオーソドックスなものもありますが、私の感覚ですが、海外にでるといろんな意味で、「感性」が磨かれるような気がします。


日本では、あんまり使っていなかった神経だとか、脳のある特殊な部分といったところをやたらと、集中して使っているような気がするのです。


つまり、自分が人造人間になったような気になったり、たまにするんです(笑)

俺ってこんな性格だったっけ??? とか。




日本にどっぷり浸かっていると、その感覚が当たり前だと感じるとおもいますが、実はそれは、海外の諸事情と相対してみると、ものすごくありがたいことだったり、逆に理不尽なことだったり。と。


例えば、皆さんは日本人のサービス精神。が世界で突出していることをご存知でしょうか?



外人タレントが日本に来て、多数が、自国に戻りたくない。といった趣旨の発言をしてますが、あれはお世辞えはなく、本心からです。


日本人は日本にいて「あの」サービスが当たり前だと思っているかとおもいますが、私にしてみると、世界中でも日本だけぶっ飛びレベルです。(しかもNo tip。。。)


或いは、日本人がどれだけ、「残業」(サビ残)をすることに対して、感覚がマヒしているかご存じでしょうか? 



G7の中では勿論、OECDの中でさえ、ほぼ、最悪レベルです。が、いまだに改善されない。 → それどころ、残業が多い人のことを、「あいつは頑張っている奴!」といった具合に評価の基準にさえなっている。。。かと。




つまり、これまた世界と日本の常識(感覚?)が真逆になっています。


つまり、好いにつけ、悪い煮つけ、日本に住んでると、他国との相対的な比較ができないから上記のような「奇妙」な光景をしばしば目にすることが多いわけです。



が、このような経験は、ビジネスで応用できます。 



上記のような日本人の特徴や方向性といった慣習や社会性、或いは独自の文化といったものは海外に住んでいるとよくわかるわけですが、


→ そらなら、と、少々先回りするような感じで、察知し、動けるわけです。



これは1つのビジネスモデルとして、私のときどき使っている理論なのですが。


例えば、皆さん多くの情報は東から西に動いている。という点にお気づきでしょうか?

例えば世界的に観た場合、


例えばNew York → LA → Hawaii → Tokyo → その他のアジア。。。


という具合です。


日本国内であったにしても、例えば

Tokyo → Osaka → Hakata


とやはり東から西が基本かと。


私はこの逆パターンをほとんど見たことがありません。


よって、海外(といっても私はアメリカが主体ではありますが)に住んでこちらで流行っているもの(これは別にファッションという意味だけでなく、政治、経済、ビジネスモデル、スポーツ競技といったモノも含めて)は大概、時間差を置いて東からやって来て、その後、日本でヒットしたりしております。この時間差はビジネスになるわけです。



東から西への理論をお知らせしましたが、


上から下への理論はご存じでしょうか?


日本の歴史を観て、ほとんどは、上から下へ。という流れとなっております。(まぁこれは日本に限ったことではないが、、、、)


どういう意味かというと、一部の富裕層の間で流行っているようなスタイルや情報利用の方法などは、これまたしばらく時間を置いて、かならず、一般庶民へ。流れてくるわけです。



ヨーロッパは昔貴族が住んでましたから、ちょっと日本に似てますが、やはり同じことが言えるかとおもいます。 これまた時間差攻撃の対象なのです。



つまり、この東から西へ。の理論と

上から下へ。 の理論を噛み合わせると。


かなりの成功確率で、

これから何が起こるか?


を、だいたい予言できたりするわけです。


私はこんな感覚は最初はまったくありませんでしたが、こっちに長く住んでいる内に、多分、全然違うの能の一部が歪に発達し、こんな発想ができるようになったんだ。と自分自身では思っております。



が、その代わり、(私を個人的によく知る方であればお分かりの通り)、私は、通常日本人が共通して持っている「一般常識」が著しく「欠如」してしまっており、私を全く知らない人からすると、


私を「絶望的なマヌケな奴」と思われている臥があります。



恐らく、それも、脳のある機能が不全になってしまった(苦笑)のだと。自分では認識いたしております。 




それでは皆さん来年も素晴らしい年でありますように心よりお祈り申し上げます。



文 小林護







◎個別相談会、夜会、完売となりました。

皆さんにお会いできますことを楽しみに致しております!





◎ハワイプチ移住の件で、来週コンサルを受けられる皆さんへ

「驚愕」情報が入ってきました。楽しみにしていてください(笑)

※心臓が悪い方はご遠慮下さい。










◎Karen Carpenter がいた。。。。( ゜Д゜)



http://www.youtube.com/watch?v=bQEGnqcdbeI&feature=related


バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n