Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2013年10月01日
皆さんこんにちは

一昨日ハワイに戻ってきました。

前から感じていることですが、ハワイに戻るとこれから、またまた刺激的なお仕事が始まるな…という気分と、戻ってきて、どこか「ホッ」としている自分と二人の自分が居るのに気が付いたりします。

さて、
皆さん
今回のトピックですが、あまり扱ったことのないテーマ(でもいつも自分の心のどこかでいつかこの取り扱ってみたかった…)行ってみたいとおもいます。

突然ですが、みなさん:

「後悔」

したことございますか?



ございますか???

なんてかっこよくこんな質問をしていると、私はいかにも今までに後悔などしたことない完全(笑)人間のようにお感じになられる方もおられるかもしれません。が、何を隠そう、私の人生はそれこそ「後悔の連続」と同義語です。

さて、その「後悔」ですが、それでは、私はどんな時に後悔するのか?
といいますと、

これまた、あまりに沢山ありすぎて(苦笑)、「こんなときです」と一言で申し上げることができないのですが、、、

結論から申し上げますと、私の場合は、

「社会的に受け入れられる」ようと自分のアホな素の境地ではなくどこか「よそ行きな」な行動をとったとき。

は、必ず最終的に「後悔」している。と感じます。
あぁ。。。なんて自分はアホなんだったんだろう…とかと。


もっと具体的にいいますと、例えば

「今自分が行っている行為は他人様(第三者)からみて、どんな風に評価されているのかな?」

とか、などと、下衆の勘繰りのような行動をとると、これまた、決まって、どこか教科書的な行動を「模倣」している自分がいたりするわけです。

結果はどうか???
一時的には、「あいつは好い奴だ!」とかといった、「そこそこ」の評価を得ているようです。

が、その反面、「ああ。。もっと自分のやり方に拘ればよかった…」

と最終的には「後悔」している自分(の心)もいるわけです。


つまり「そこそこの評価」とは世間様が勝手に私に下している評価であり、勿論、私自身の評価ではありません。

私自身の評価は、つまるところ、まったく別のところにあり、「あぁ。。なんで、こんなダサい野郎を演じてるんだろう。。。」と同時に、「なんて自分は卑屈で且つ臆病で且つ情けない奴なんだろう。。。。」などと自己嫌悪に陥り、ダメ出しを喰らわせているもう一人の自分がいつもいるわけなのです。


話はやや変わりますが、

私は今年日本とハワイを8往復しました。(恐らくあと2回位往復する予定)また、今年は日本出張の中で、日本(東京)をハブに、韓国、香港、マカオ、中国と。国内東京以外では博多と仙台に行きました。しかもそのすべての地にて「個別相談器」と「夜会」を開催いたしました。

ハワイ・移住のコンサルタントがなぜ、まったく関係ないような、中国やマカオといったところに足を延ばしたのか???

そのお答えを述べる前に一言、予備知識としまして、、、

上記すべての決定(海外に行こう!という決定)は、ある日何の予稿もなく、たまたまその場に集まった不特定のKCF会員との定期交流会(通称「夜会」)で、酒を酌み交わしながら適当に決めた事項なのです。(酔ってたのであまりよく覚えてませんが、その話とて、恐らく5分位で適当に、

「オッケー、じゃ次回のKCFの夜会は香港に決まりました(今決めました) ここにいる同志の皆さん再会を楽しみにしております(笑)」

とかいった具合で何の思慮もなく実行されたものでした。
そしたら本当にその場にいた「同志」の方のほとんどが香港マカオ中国の超過酷(しかも現地のホテル集合)ツアーに出席した。。。

では、私はなぜそんな軽い決断をしてきているのか???

私の場合、実はこのような(あまりに軽率?に映るかもしれない)決定の仕方は、自分の人生において、よくある進め方なのですが、

軽率な決め方?

は実は自分の中では、

「自分の心に素直に従った」決め方だと思っているんです。
心に従った決め方。についてもう少々コメントしてみたいと思います。

もしあなたが既婚者であれば、今の伴侶が伴侶になるまで、どのくらいの期間がございましたか?

「いろいろリサーチにリサーチを重ね、10年位、時間をじっくり掛けて、激選した」

という人がいるでしょうか?

そんなことしたとしたら、100年の恋もお互いに冷め、思っているより早い段階で空中分解するんじゃないでしょうか? 

あるいは、それ以前の問題で、10年も時間をかけたら、回転寿司じゃないですが、クルクルと回っている内に、偶然的に3分くらい前にカウンターに着いた、どなたか別のお客さんが「おっ! 早速いいネタが回ってきたじゃん! ラッキー!!」とかいって、さっさと賞味されてしまうのがオチではないでしょうか?

私の場合、実は結婚は出会って2か月半で決めた事実があるのですが、2か月半が短い?かどうかの議論は置いておいて、要は、私は人生の大きな決断なんて、今思うとほとんどそんなもの。なのです。

本にも書きましたが、ブッシュ前大統領と初めて会ったのも、いたずら電話かとおもったお姉ちゃんと暇つぶしにトークしたらたまたまそうなった。といえますし、安倍さんとて同じです。(ある方と一緒にインドに行き(ちなみにそのインド行きもビザが必要なことに出発日の前日に気が付いた。。。)そのインド旅行の帰りに紹介されたわけです。 何も仰々しい前フリはありませんでした。


私の経験ですが、相談するのが悪い。とは一概には思いませんが、「いつも相談をして動く」という思考回路でいると、そのような行動パターンを取るのが自分の癖となってしまう傾向があるような気がいたします。

つまり、そのスタイルに慣れてしまうと、まず第一に自分のスタイルを確立することができません。 そして、そんなある種、「教科書的」な動きをすることにより「アート」は生まれない。(また後で後述しますがアホを認めてくれる神との出会いもありません)という点は間違いかと自分の経験からわかります。


例えば、私の場合でしたら、ハワイ移住、投資専門のコンサルをしているのに、冷静に考えたら先程コメントしましたような、香港や中国に行く。という結論には至らないのと同じです。

が、香港に行ったらどうなったか? 前回のメルマガでも軽くご案内しましたように、「AKB」を紹介された。わけです。(勿論まったく前フリなど一切なし)

※すみません。順番が逆になりましたら、世界屈指のプライベートバンク「バンクオブシンガポールの副頭取」(因みに40歳代の日本人で、今2兆円を一人で回しているそうです)をご紹介してもらい、最終的に、こちらに運用部門とKCF運用部門をタイアップする形で現在交渉いたしております。

私の経験ですが、このような予期せぬ出会いは、いわゆる、お金や時間、常識や世間体などなど、一般的に言われている「大人の行動」をとることで出くわすことは通常ありません。理由はわかりませんが、私の経験上、唐突で更にアホな行動をとることでしか生まれないわけです。

つまりアホな行動とは何か?

ブッシュや総理やAKBやBank of Singaporeと会う(そして一部小生の場合コラボしている)という結果を果たしてアホな結果といえるのか???

となるわけです。

つまりアホかアホじゃないか?の線引きは実は、我々が普通に描いている場所にはなく、やろうと思えば、誰でも取れる行動だ。ともいえるわけです。

そして、アホな行動をとるのを何らかの理由により「渋る」とアホ重視の神様からは「あっ!こいつはアホじゃない」だから「俺の担当じゃねぇな…」となり、アホ神は、さっさと去っていてしまうわけです。私の経験ですが、これから公務員やサラリーマンを目指すのならいざ知らず、もし起業して、ノマド的な動きをしたいのであれば、この崇拝すべき「アホの神」に愛されるかどうかによって、人生が決まる。といっても過言ではありません。

が、アホの神は、貴方が「本当にアホなことを本気でやる意志があるか?」を厳しくみているような気がいたしております。

また少々私のアスペ特有の表現をしてしまいましたが(^-^;
要は:

自分のスタイル(や流儀)がないと、いつ何時、一見アホな依頼が来た場合や、もっと普通の世間受けするいい方をするならば、「嵐が降りかかった際」に、だれか「アホじゃない(真面目な)人」に、眉間に皺を寄せながら、アホトーク一切なしの、マジ相談をしなくてはならない自分がいたりします。

こちらがマジ相談すれば、当然相手もマジレスが返ってくるわけで、そこからアホトークに移行したり、アホな結論に至ることはないわけで、つまり、それじゃ初めから相談なんかやめて、自分の心に素直に行動すればいいじゃん。 それが自他ともに認めるアホなことであったとしても。。
と。まぁ、自分の中ではこうなるわけなのです。


一見すると、気がふれたような行動も実は、それこそが私は、自分というある種、「野生」(つまり自然界)の中での自分という人間性の瞬間瞬間を自分の心の中から見つけ出す唯一の「現世」での機会だと捉え、それをやることによって、本当の自分に出逢える場だと勝手にそう解釈し、またそこで出会う人脈こそが、本当の人脈であることはこのメルマガをお読みの勘の鋭いあなたにはおわかりになられるのでは。と。

これをやらないと一生、自分がわからないままで、自分を生涯「社会性」というポケットに押入れたっま一生を終えていくような気がして怖い気がするのは私だけでしょうか。


小林護  文


◎メルマガ過去ログ更新しました。
スミマセン。 ここしばらくサイトを更新してませんでした(苦笑)

◎ AKBパワー炸裂!KCF夜会レポート
先週の26日の夜会は、KCF史上初の「某アイドルグループ」先発隊16名とKCFメンバー10名との合計26名というかなり、アホ丸出しの会食会となってしまいました。

自分自身、今までの人生にて、アイドルとの接点が皆無でしたので、どんな話をしたらいいのやら?とか、あるいは幹事としての責任感から、「本当に会がまとまるのか(笑)?」などなど、一抹の不安を抱きながらの始動ではありませんでしたが、、、

蓋を空けてみれば何てことはない、、、結局、一次会からほぼ全員のパワーが炸裂し、徒歩5分程度の距離にあった二次会も入れて(更にある方は三次会まで行った)7時間半というKCF夜会史上・最長記録更新の会食会となってしまいました。


ということで、先ほどのアホの原則に則りまして、また即断しました。 

KCF忘年会With 「AKB」 を実行します。

先方との日程調整および、ご参加定員に限りがありますのでご希望の方、今すぐご応募ください。(因みに前回は5日で満席となりました)

■条件■
KCFメンバーの方で小林護とビジネスをご一緒にした経験、または面識が一定期間以上ある方で秘密厳守出来る方(尚、店内での撮影は禁止となっておりますので予めご了承下さい)

※既に前回ご参加者の10名のうち、6名から次回バージョンの申し込みの希望の意思表示を頂いております。 原則小生のポリシーで常連さんを優先させて頂きますので、その旨どうぞご了承下さい。


◎ 次回個別相談会のお知らせ
まだ決定ではございませんが次回の個別相談会を月末位に予定いたしております。 

ハワイでセミリタイア(&プチ移住)希望???

私が驚愕の「メニュー」をあなたにお見せいたします。
まずは
http://www.amazon.co.jp/dp/4861062152/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1352162963&sr=8-1

ご一読のうえ、個別相談会にお越しください。

※ 現在、アラモアナショッピングセンター内の某有名スポット限定にてM&Aコンサルできる可能性があります。 超レア物件です(ハワイでセミリタイアを本気で考えているあなた。これ以上の案件は私が知る中ではありません)
ご希望の方お早目にご一報ください。


◎シンガポール・ベトナム視察ツアーのお知らせ
この度、世界屈指のプライベートバング「バンクオブシンガポール」の副頭取とタイアップすることになりました。つきましてはさっそくシンガポール及びベトナムの視察ツアーを予定いたしております。 ご興味のある方ご一報ください。


◎利回り驚異の20%超え!
あなたも賃貸アパートの経営をしませんか?
ご周知アメリカ本土で、地価が2年連続で上がってきておりますが、探せばまだリーマンショックの影響で激安で買えるエリアが一部だけ残ってます。 だいたい300万円台で賃貸(だいたい7万円位が多い)借契約済。
買った翌月から家賃が入ってきます。 こちらはKCF会員のみの限定のプレミアム情報となっております。 現在約11名待ちとなっておりますが、予約は受け付けております。 船が出る前に買いまくりましょう。
バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n