Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2012年07月21日


皆さんこんにちは



日本から戻り早くも一週間が過ぎようとしております。

少々遅くなりましたが、日本でお会いした皆さん、交流会にご参加された皆さんへ心から感謝したいと思いま す。 


ちょっと気の早い話ではありますが、次回の交流会ですが、まだ最終決定ではございませんが、


遂に実現!? 


私の師匠(と私は勝手に思っている)でもある


銀座の関係者からコードネーム「ミスターM」と呼ばれている男


(弊社のビジネスモデルの半分以上はこのミスターMからの助言をヒントにして練り上げた(時々ミスターMも一緒になって)ものとなってお ります)





「あの」プライベートサロン 
ここ

http://www.wako.co.jp/

の対面(鳩居堂より更に交差点の内側)となっております。



での開催(出版記念パーティーバージョンにて)を現在交渉中です。
(話すと長くなりますが、足掛け二年以上に亘り交渉中でやっとOKが出そうです……)


歴代元総理や各国の財界のトップがお忍びで集う、メディア取材をすべて断り続けた極秘サロンの扉が遂に開く!(かも)


ということで、次回以降のご案内を楽しみお待ちください。







さて、
今回日本に戻り感じたのは、


『「長いものに巻かれる」のに気がつかないリスク…』


という、少々変わった切り口でメルマガを書いてみたい。と思ったことでした。



皆さん、例えば自分の進路(進学や就職)はどうやって決めたか覚えてますか? 


あるいはお子さんがいるあなた? 

自分の子供の進路相談受けた場合、何を基準に「いい進路だ!」と、コメントしてますか? 


メディアの人気ランキングから?ですか? 


あるいは、
廻りがみんな行く方向に進んでいると、自分も「何となく落ち着く…」という感覚だけで、「みんなが選択している方向」を選んでませんで しょうか??




私がおもうに、長いものに巻かれると何故か安心……という発想ですが、


それは、昭和の時代(高度成長時代)でしたらOKだったかも。。しれませんが、、


今の時代では、それは大きな錯覚で、少々リスキーな価値観でもある。と感じました。

 


私が過去10年に亘ってお会いしてきた「延べ1000名以上の社長連中」に共通し ていえることは「廻りが行かない道を行ったらこうなった…」というタイプの方ばかりです。


一見すると、この発想は、「常にリスクと裏腹」の人生と、言えるかもしれません。



が、
この「リスク」の解釈ですが、今回日本に戻り感じたことですが、少々認識にズレ?


が生じているような気がするのは私だけでしょうか?


端的にいうとこうなります。


長いものに巻かれると、「リスクが少ない」
と感じる。


のと、


長いものに巻かれて、何となく決めた。というのは「リスクが大きい」(ある一部の層からは)
と、、、
真逆の反応が見られるのです…


どうしてこなるのか???


その答えを議論する前に、、
私の経験ですが、日常生活でも、常に「小さい」リスクをとりながら生活してみる。


ことをお勧めします。 小さいリスクとは、些細なことでもOKです。
例えば、服装やファッションを変えて自分のイメージを変えてみる。


とか、


いつもは行かないようなお店に一人で入ってみる。といったような「大したことない」ようなリスクで最初はOKです。


大したことないリスクでも一応、リスクはリスクです。 上記の例ですと、買った服やヘアーデザインがまったく似合わない。。。とか、入ったこ とのないレストランに入ったら、マズかった。(後悔した)


となる可能性は勿論あります。


が、そうしたリスクにトライする習慣を身つけることで、だんだんと動物的な「勘」みたいなものが養えますし、


また、小さい成功事例を積みあがることによって、人生のうち、大きな決断を迫るようなハイリスクハイリターン?(進学、就職、転職、起業、海 外移住)のような決断も意外と、自信をもって(自分の経験をベースにして)出来るようになったりします。 


※自分の性格が自分でよくわかるようになります(極端な例を挙げるならば、「リスクをとる」人生そのもの自体、自分には合わない。という結果 になるかもしれません。


逆にいうと、若い内から「大したことない」レベルでもいいので、「リスク慣れ」しておいた方がその後の人生で、もっと大きなリスクがある。と いえるのではないかと。。。







アレレ、、、

スミマセン。
実は、小生本の最終稿の締め切りに追われており、バタバタしております(苦笑)ので、このテーマの続きは(もし好評のようでしたら)次に じっくりとご案内してみたいとおもいます。 (Sorry!!!)





小林護より




★ハワイビジネスのご案内





◎ アラモアナショッピングセンターの超一等 地ロケーションに「出店」(飲食店)したい?


ご希望の方!今すぐご連絡下さい(プレミアムは最低40万ドルとなっております。 円高のチャンスをお見逃しなく)。 


※私の今までのハワイと投資の鉄則ですが、20万〜25万ドル程度のラインには「リスク物件」が混在するケースが多いです。 安かろう悪 かろうではなく、長期で安定需要がある「ロケーション」を選ぶ(少々値が張っても)が実は成功への近道といえます。





◎ ●ハワイのローカル雑誌に広告出している けど最近マンネリ? 費用対効果が分からない???


●家主との「広告契約」でとにかく毎月出さなくてはならない? 
●日本人(富裕層)観光客への露出を検討している? 
●クーポン雑誌に記載してるけど、安売りイメージが付くの嫌?→本当は高級路線で行きたい?


ハワイ在住の経営者の皆さん! 


●「あのセレブ」が表紙を飾っていることで有名な日本の「超人気・女性誌」にあなたのショップ、ニッチな商材などを載せてみませんか?   → これであなたのショップ、ビジネスは、一躍「有名ブランド」に変貌します。


(因みに前回、東京にて「某」美容院のあるニッチ商材を載せたところ、バカ売れしたため、テレビ取材を受けるに至りました。 そのレベル の女性誌だと思ってください)

 

あなたのショップやニッチな商材などを「さりげなく」記事の中にてご紹介したいとおもいます。


詳しくはメールください(スペースに限りがあります早い者勝ち!) 





◎ ハワイでコールドストーン


http://www.coldstonecreamery.com/about/cold_stone_story.html



のオーナーになりませんか?


ハワイに冬はありません。 アイスクリームビジネスはハワイでは安定需要型ビジネスと認識されております。


オーナー化(安定収益予想)→投資家ビザ取得 に最適コース。数に限りがございますのでご希望の方お早めにご一報下さい。





◎ 書籍のご案内



恐らく10月頃、小生のハワイ本第四弾が出版される 予定です。


以下仮称ですが、



(タイトル)

ホンネ炸裂!誰も教えて くれなかった「ハワイプチ移住」38の鉄則 (仮称)

(関係者だけが知っているマル秘レポート公開)



(サブタイトル)

360度全部みせます。 世界一わかりやすいハ ワイ移住読本 (仮称)





※現在、この本のPRをしてくれる人を募集しております!出版関係の方、雑誌関係の方、HP,ブログ等で PRしてくれる方、メール下さい。お礼に小生のサイン入り本を無料で差し上げたいと思います。





バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n