Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2010年07月20日
皆さんこんにちは


三連休はいかがでしたでしょうか?
ハワイにも、このタイミングで来られているメンバーさんが多いようで、最近、よく私が買収したお店のミニツアーの添乗員活動が増えて来ております。




さて、前回のメルマガにて、ハワイでの保育園模様について軽くコメントしましたところ、一部の方の間で中々好評だったようですので、今回も、そんなコアな方々に贈りたいとおもいます。









今回は、続編ということで、



ハワイに赴任してからの効子供の日本語学習法



と題して経験談を少々語ってみたいとおもいます。





その前に少々、事前情報としまして。。



ハワイに駐在して、生活が始まってみると、当たり前のことではありますが、言語が英語になります。 


といってもそれは表向き(対外上)の話であり、家でも英語で話しているという日本人家庭はまずいないでしょう。

つまり、ハワイに住んではいるものも、一歩家に入れば、そのまま日本がある。




という感覚に近いかもしれません。


※ 特に最近では、ネット環境の充実、日本語TVの見放題。 テレビ電話。。 などなど、私がハワイに越してきた17年前とは比べ物にならない位、こちらの生活インフラ In Japaneseは充実していると感じます。

さて、そろそろ本題に入りまして、家で日本語を話しているのなら:




子供の日本語力は問題ないでしょう。

と多くの日本の方はお思いになるでしょう。

しかし、現状は、






確かにこと、会話については日本人感覚としてOKですが、


●読み書き(特に漢字)
●そして、日本の文化(たとえばサザエさんや、ドラえもんといった多くの日本人のDNAに少なからず影響を与えているコンテンツなどの理解



は基本的になく、日本語は喋るけど、日本人ではなく、日本人の顔をしたアメリカ人になってしまう可能性があるわけです。



それを回避しようと、親は日本語塾に通わせたり、日本語学校(毎週土曜)に通わせたり、、、




色々と努力をしているわけです。


話が長くなりましたが、




私は長男に3回、そして長女に2回(今年が2回目)あるオモシロ実験をさせております。




*ハワイ在住の日本人の方は





そんなの知ってるよぉ〜





という方も多いとはおもいますが、このメルメガは、日本在住の日本人の方が対象となっておりますので、御了承ください。







それは、

ハワイの学校の夏休みの間、



日本の学校に転校させる。

というスタイルです。







ハワイの学校は通常5月の中旬〜下旬に終了し、8月に秋学期がスタートします。
つまり、その間は、ずっと夏休みなわけです。



そして、その夏休みの期間は、



日本の1学期の時期とだいたいカブる




わけです。 




そこで、




どうせ、日本の国籍もある

(永住権取得の場合でも、国籍は日本。 また、ハワイで産まれた場合は、21才までアメリカとの二重国籍になる)






し、いっそのこと、日本の学校にいれちゃおう。

となるわけです。







2ヶ月弱くらいの期間ではありますが、これは子供にとって「逆カルチャーショック」らしく、一気に日本人としてのメンタリティが形成されるのが私の目から見ても感じ取れます。


当然、この計画を実行するには、日本のお爺ちゃん、おばあちゃんの多大なる理解とご支援は不可欠になります。 が、機会があったら是非トライしてみて下さい。






この情報が少しでも皆様の今後のライフスタイルのお役に立てれば光栄です。




小林護より









★毎日がマンネリ?
こんなのいかがですか?

http://www.youtube.com/watch?v=-rkuUPXwyCI


バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n