Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2010年04月29日
皆さんこんにちは


こちらハワイは先週位まで雨が多かったですが、やっと夏が来た!という陽気になってきております。 

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。



さて、確か、前回のメルマガでは、こちらでのM&Aスタイルについてお話いたしましたが、

今回は私がなぜこのようなビジネスをするようになったか?というある「きっかけ」からお話してみたいとおもいます。



私が、学生時代だったころ、社会経験がなかった私は「投資業」という職種に対して、

外資系企業のエリートトレーダー! 
のような

イメージを勝手に思っていた感がありました


が、



そんな中ある出会いがありまして、

私の考え方(ビジネスのあり方まで)を変えました。



といっても別に、よくドラマに出てくるような

富豪に会った!

とか、そういうのではなく、






この本

http://www.amazon.co.jp/%E9%87%91%E6%8C%81%E3%81%A1%E7%88%B6%E3%81%95%E3%82%93%E8%B2%A7%E4%B9%8F%E7%88%B6%E3%81%95%E3%82%93-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%AD%E3%83%A8%E3%82%B5%E3%82%AD/dp/4480863303/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1272236214&sr=1-1


をある人から進められて読んだのが、今思えばすべて始まりでした。 






よく私の年代以上のミュージシャンの間で

自分の音楽活動は「ビートルズ」が影響している。。。。

云々という話を耳にしますが、私の場合は、

この本の内容に影響されてM&Aを始めた。。(正しくはM&Aビジネスに至った)といった感じです。

人生って、不思議なものですね。





さて、本日の本題に入りましょうか。


今回は私が選ぶ「投資先の基準」についてコメントして見たいと思います。




以前のメルマガで、私がこっちで投資先を選ぶ基準として、


○既に経営されている状態で、利益を出し続けている会社かどうか? 

が大きな判断基準であることは前回のメルマガでお知らせしたかとおもいますが、更に投資先を絞り込む場合の要点につていくつかあります。 その辺りについてコメントしたいとおもいます。




●その1 買収後、もしも従業員が突然(仮に全員)辞めてしまっても慌てることはないか?


これは極端な例かもしれませんが、実は私がM&Aする際にもっとも拘っている点の一つです。

実際的に考えて、全員が同じ日に辞めてしまえば人員的に経営できない状態になりますが、

仮に半分が同じ日に辞めたと仮定した場合

でも次の日からほぼ作業に支障がなく経営できる。という形が取れるな会社を私は「よい会社」と勝手に定義付けております。


しかし、この条件に当てはまるビジネスはそう多くはありません。

なぜなら、いつでも補充できる人員がいるから心配ない。ということはつまり、プロ(職人)を必要としていない、いわばアマチュア集団のようなビジネス体系であり、そのようなビジネス自体が成功する可能性が低いといえるからです。

例えばお寿司屋さんを買収したら、職人さんが全員辞めてしまったらどうでしょう?

未経験者を集めたところであまり意味はありませんよね。。。

だいたいの産業はお寿司屋さんと同じビジネススキムとなっております。





● その2 ビジネス形態が、インフラ的な感覚をもった会社か?



一見すると、なんとも意味不明な概念のように聞こえるかもしれませんが、解説してみたいとおもいます。


インフラ的な感覚とはなんぞや?


とお思いかもしれませんが、



たとえば、電気や水道、ガスといった生活するためのインフラの役割を果たしている会社というのは、

欲しいから買う。

というよりも、必要だから買う(更には、半強制的に契約してしまっている)という発想かとおもいますが、

私はこのようなポジショニングの会社が好きです。


別の例を出すとしたら、1800年代後半から1900年代前半(馬車の時代から車の時代へと移り変わる間の数十年)に、アメリカの投資家の多くは「鉄道」会社を買いました。 


鉄道会社は会社単位で考えるとするならば、確かに数ある会社の中の一つといえますが、

実際は車がまだ発明されていない時代にしてみると、移動するための手段として必要不可欠な

「インフラ」的な要素をもった会社

といえるかと思います。 

鉄道ですから、初期投資はかかりますが、その後インフラを利用する方がコンスタントに利用してくれれば投資家にしてみると面白い投資先となるのではないでしょうか。



現代に目を移して見ると、

別にブラウザーはマイクロソフト社を使わなくてはならない法律はないけど、実際はMS社の独壇場(I phoneユーザーの私としては、Appleが好きではありますが、、、)となっていたり、

コーヒーはスターバックスで飲まなくてはならない。という法律はないけど、駅前やモールで疲れた後に、

あの緑色のサイン

が見えるとなぜか癒され、そっちに足が進んでしまうことはありませんか?


同様な例はハンバーガーでも、アパレルでも、餃子でも、カレーでも起こっているいるように思えるのは私だけでしょうか。。。



ハンバーガー、洋服、餃子。。。いずれもシンプルなビジネス形態であるにも係らず、圧倒的なシェアを収めている。

→つまり市民の日々の生活の中でのちょっとしたインフラ的な役割を果たしているといえる。

と、、ど〜も、私はそんな風に考えてしまうのです。





来週もまたこの続きについてコメントしてみたいとおもいます。


小林より





◎個別相談会のお知らせ

来月大阪、東京にて個別相談会を開催する予定です。

日程は

○大阪
19日

○東京
21日
22日
23日

の予定です。

※ 次回のメルマガで時間枠の詳細をお知らせいたします。
メンバー様無料
ノンメンバー様 一回一万円となりますので予めご了承下さい。


居酒屋交流会のお知らせ

来る5月21日(金)居酒屋交流会を開催したいとおもいます。 場所はいつものくたみ社長のお店

http://maps.google.co.jp/maps/place?hl=ja&rlz=1T4GWYD_jaUS351US351&lr=&um=1&ie=UTF-8&q=%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%80%80%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%80%80%E6%96%B0%E5%AE%BF&fb=1&gl=jp&hq=%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%8F+%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4&hnear=%E6%96%B0%E5%AE%BF&cid=15497300971504785722

です!

こちらは受付開始します。 ご希望の方メール下さい(Non memberの方、私のゲストとしてご出席可能です)

















バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n