Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2009年03月01日
皆さんこんにちは

思いがけなく、2ヶ月連続の出張になりまして、ここ最近のメルマガの内容が業務連絡?のような感じになってしまっておりますが、、、(^^;


このメールの終わりに、来週の個別相談会の残り枠のご案内がありますので、ご希望の方、お早めにご一報ください!






さて、


今回は、そんなこともありまして、、ガラッと話題を変えまして、



小林護オリジナル

「ハワイにプチ移住するための超便利ツール」




という切り口で、お話をさせていただきたいとおもいます。


まずその前に、私のハワイでの経歴を簡単に、お話してみようかとおもいます。

それにより、一体この人は何者なのか?という点をお分かりになっていただけるか??

とおもった次第です。





話はかなり戻りますが、私が最初にハワイに赴任したのは、1994年でして、そのころは、インターネットがなく、こんな感じで、メールで皆さんとコミュニケーションが取れるなんてことはホント夢のようなことで、、、

当時は、電話(しかも国際電話なのでやたら高い。。。)とファックス(実は小生は筆不精なのでこれもかなり面倒だった・・)が唯一と言っていいほどの通信手段といえ、海外に住むということは、コミュニケーションを図る上で、時差もあり、極めて面倒なうえに、コストもかかる・・・

というのが、赴任してみての、第一の実感でした。


また、

当時私は、27歳で、こちらでは、駐在員といえば、大手企業からの企業派遣が相場と決まっており、

だいたい、40歳代、50歳代の管理職待遇が圧倒的に多く、私のような年齢層かつ、零細企業出身者は、ほとんど皆無だったことを今でも記憶しております。


さて、
ここで、駐在員の話が出ましたが、ハワイに住んでいる日本人とはどのようなパターンがあるのでしょうか?

ちょっと脱線しますが、その点についてコメントしてみましょうか。


暫くハワイに住んでみると、ハワイにはいくつかのグループがあることがわかってきました。

まずは、上記のような「駐在員」グループ、

そして、ハワイ現地の人と結婚して、こちらに「永住」しているグループ

そして私のような、どこの馬の骨ともわらからない「ベンチャー起業家」グループ

と、大まかにいって3つです。


ぶっちゃけ、日本からの駐在員グループは3〜5年で日本に戻りますので、ハワイに溶け込もうという発想があまり強くありません。 

ハワイでも自社か自社の取引会社?のようなところとしか接点がないケースがほとんどで、当然、私のようなタイプとも、接点がない場合が多いです。

次に、結婚してハワイに住んでいるグループですが、こちらは男性よりも女性に多く、これまた、私のようなベンチャービジネスをしている者と接点がないのが現状です。 ただ、ハワイの日本語学校にいくと、このグループが思っている以上に大きいのがわかります。

そして、もっとも少数派といえるのが私のような日本から来て、ハワイで勝手に起業をしてしまった。というグループです。

このグループは業種によっては、かなり密に連携し、情報を共有しながら動いていうる。。。というのが私の印象です。




このように、ハワイに住んでいる日本人。

と、一言でいっても大きく分けて、3つ、もっと細かいグループを入れると、かなり細分化され、それぞれが特徴のある動きをしていることがわかります。


話を戻しまして、赴任当初、


私は、ハワイという大きくも無く、小さくも無いマーケットのサイズがまず、気にいり、次に、いろいろな意味での壁の低さ?を感じました。

壁の低さ?

ここでまた変なことを言い出しましたが、、


どういう意味かといいますと、たとえば、日本で何かしら、事業をはじめるとなると、色々な意味で、既に、大手が進出しているケースが少なくなく、ベンチャー系が参入しても、勝ち目がないよ・・

と思えるケースが多いと感じておりました。

ハワイは当時は、日本から参入企業は大手(の旅行関連企業)ばかりで、ベンチャー系が少なく、またアメリカという国自体が、歴史的にみても、ジョージワシントンの時代から、ぶっちゃけ、ハイリスク・ハイリターンを求めて、海外から流れてきたベンチャー起業家の集まりじゃん。。。




といった妙な感覚を私自身が持っており、それが態度にでるのか(^^;


彼らは、私のような、いわゆる日本での「はみ出し者」のような奴に対して接する際も、、、


おぉ!こいつは、なんか俺達と同胞じゃね〜か?


と、言葉では言わないにしても、なんとなく、心がそう語ってくれているフシがあり(と私は自分でそう感じている(^^;)

なんとなく、このアメリカの中でのハワイという片田舎が自分にとってはとても心地いい「職場」になっていったのでした。。。


あれれ、、、

今回は、「超便利ツール」をお話しようかと思っておりましたが、なんか、私の回顧録?のようになってしまいました。。

次回はこの続きをいってみましょう。


◎個別相談会残り枠あと2つのお知らせ



再来週に行います、KCFf主催 ハワイ M&Aとプチ移住 相談会の残り枠があと

3つ

となりました。



8日 満員御礼

9日 10時半〜11時45分 のみ

10日 9時〜10時15分  と

    13時〜14時15分

11日 満員御礼




●ハワイプチ移住
●ハワイでのミニM&A

にご興味をお持ちのあなた! 

そのステップ、ビザ、現地の学校事情、などなど、私自身の体験談を含めて、親切、丁寧にさまざまなテクニックを伝授させていただきます。

激選・投資先(M&A先)についてはこちらご参照

http://www.hawaiijiten.com/manda.html


ご希望の方、お早めにご一報ください。


メンバー無料
ノンメンバーの方一回一万円となりますのでご了承ください。



それでは日本でお会いできることを楽しみにいたしております!


小林護







バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n