Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2008年07月18日
subject: KCFクラブレター (185)


皆さんこんにちは


皆さんもう夏休みスタートでしょうか?

と、いう位、ここのところ、日本からのMemberさんとのミーティングが続いてます。




そして、なぜか??


最近、判を押したように、皆さん

こちら
http://www.hiltonhawaiianvillage.com/

のラグーンタワー


に人気が集中している。。
という摩訶不思議な現象が起こっております。


この期間、何かキャンペーンでもしているのでしょうか? 
理由が分かる方、おりましたら、教えてください。


まぁ、弊社オフィスからも近いので、たまに、一階のスタバで打ち合わせをしたりと、、こちらも、なにかと利用させて頂いておりますが・・






さて、

今回は、また、「M&A」に関連したお話をしてみたいとおもいます。


といいましても、あんまり、

テクニカルな飽きちゃった・・・という方もいるかとおもいますので、


今回は

M&Aそのもの



に対する

ニチベイの対比をしちゃいたいとおもいます。







と、いうことで、



まずは、このエピソード



ホリエモンがニッポン放送株を買収しようとした件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E6%94%BE%E9%80%81%E3%81%AE%E7%B5%8C%E5%96%B6%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C


ですが、
この件のディテールについて


私がここで、いまさら、触れるまでもありませんが、


一点だけ、ちょっと興味深いコメントがあったので、ご案内したいとおもいます。



その際に、、確か、
ニッポン放送側の代表の方は、




放送という事業は他の事業より「公共性」が高い・・・


とか、


若造が、我々のような国を代表するようなコウキョウ関連の会社を買収しようとは、ケシカラン!・・・・

云々、、、、










と、まるで、自分たちが錦の後光でも掲げてるかのように、やたらと

「公共性」

という言葉を連発していた。。。。





というのが私の感想でした。


公共性?
といっても、 別に彼らとて、



民間企業
つまり、最後はどれだけリターンを出せるか?


という、私企業として、アタリマエ

な点が、ポイントとなるべきかと、私は思うのですが。。





が、

当の本人が、


自分の会社は公共性をもった会社ダゾ!


と主張しているのだから、それはそれで、本人がSoいうのであれば、別に、結構なことではありますが・・・





余談ですが、



私の感覚ですが、

日本人はなぜか、、、


こう、、、
なんといいますか・・・





公共性とか、

官とか、、

皇室御用達とか、、

大使館とか、、




ちょっとミカドっぽい、香りや、ソノ手の権威にやたらとノーブルっぽい意識をもっちゃいますよね。。。。





それを知ってか知らずか、
このニッポン放送の代表の方はやたらと

「電波の公共性、重要性、公平性を維持する・・・・云々」といったパターンで聴衆から支持を得ていた?


ような気が致しました。

そして、当の国民も
「そうだ!そうだ!!」といった論調のように私には見えました。


ことこの点だけに関していえば、


私としては、

前のメルマガでも書きましたように、公共性やら、公平性うんぬんの前に株主のリターンのこと考えて仕事してますか???


といいたいところですが、
その話は今回の趣旨ではないので、置いておいて、、







今回は、そのあたり、


アメリカの状況(一応、メディア先進国と呼ばれている)はそのあたりどうなってるのか???



テレビ会社やラジオ会社を買収するのに、


株主に対して、

公共性だの、企業価値の安定性だの、、、、



と、わけのわからない抽象論が本当に通じているか? 

それでなくても人種の坩堝状態なのに、企業の価値?といったって、企業の何に価値があるか?は千差万別かとおもうのですが、、、、









今回は、そんな点を私なりの解釈を入れて解説してみたいとおもいます。




まず、その前に、






アメリカには


NHK
(因みにNippon Hoso Kyokaiの略だそうです)



のようないわゆる絶対的なパブリック放送は、私のみる限りありません。。。


そのかわり

Big4


とよばれている、大手メディア(キー局)があります(すべて民放)


その民間企業ですが、



発信(放映)している内容も、よく観るとわかりますが、企業の経営方針が結構、如実に反映されているのがわかります。






まず、
その
アメリカの4大ネット


と呼ばれるテレビ放送局ですが、


NBC
CBS
ABC

そして、

FOX

です。



まずは、
NBCからいきましょう。


結論から申し上げますと、

NBCの株主は

GE(ゲネラルエレクトリック社)です。

http://www.fair.org/index.php?page=1403


ちなみに、このGE社は

日本でも有名なジャックウェルチ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%81


や、この



「小学校中退」
という学歴



の伝説の男

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%82%BD%E3%83%B3

が社長だったことが


日本では、一応有名ですが、

一方で、この会社が



この計画
http://www.ne.jp/asahi/hayashi/love/manh1.htm

の中核メンバーだったことはなぜか日本のマスコミには登場しません。

つまり、NBCの親会社はアメリカ屈指の「軍需産業」なのです。 

軍需産業資本がテレビ局を持ったら、だいたいどんな放映内容になるか? 私がここで、その説明することは割愛させて戴きます(笑)











次に、

ABC
(因みにAmerican Broadcasting Companyの略です)

の現オーナーは、



この会社
http://disneyland.disney.go.com/disneyland/en_US/home/home?name=HomePage&bhcp=1



です。


「そういえば、、、そうねぇ。。。」
「確かにABC系は、子供向け映画(こちらではPG13と呼ばれている)とか、アニメが多いわねぇ・・・」

というアメリカ在住の日本人主婦の方の声?

が聞こえてきそうですが、、、



考えてみれば、アタリマエでしょう。 →そのために買収したんですから。 (それを)やらないと株主は怒るでしょう(笑)



余談ですが、こちらの

前CEOのワイズナー氏の年収


は当時年間日本円にして、

約200億円


だったそうです。
http://www.kobayashiosamu.com/vis/vis02.html

ということは、この会社が彼がCEO時に、どれだけ、成長したか?という点を株主が評価した。との裏返しともいえます。

ソノあたりの話は長くなりますので、次回以降に。





そして、もう一つ、忘れちゃいけないポイントはこの会社(Disney)の大株主がこの人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88

という点でしょう。



つまり、世界一の富豪がスポンサーになっている世界最大の「娯楽会社」がベースになっているのがABCなのです。


余談ですが、



例えばの例ですが、

あなたは、


アメリカの大統領選




のテレビ放映をどこか


エンターテイメント的な要素


が含まれている?


と感じたことはありませんか? ここはロックコンサート会場か?と。。




さて、
次、行きましょう。


CBSの株主も現在は

「ファンド会社」

です。

要はわけのわからない公共性よりも
利益追求型

といえます。 

ファンド会社ですから、ファンドの利回りが下がれば、ファンドに出資している方は資金を引きます。


よって、CBSは必死になって、視聴率の上がる番組を放映しなくてはならない・・・


というシステムになっております。




ここで、私が「ファンド会社が持ち主・・・・」

と書きますと、なんだ!

つまりカネの亡者じゃないか!! ケシカラン!

とフツーの日本人はおもうのではないでしょうか?


が、私が思うに状況はそんなに単純じゃないようです。。




ファンド会社に出資しているのは、なにも金持ちがもっと儲けるために出資しているわけではなく、

純粋に、

企業や公務員の

「積み立て年金」

を集めて、運用に廻している。

という、至って、実直なケースも多いのです。


例えば、どこの国でも同じかとおもいますが、アメリカでも公務員は基本的に、

安い給料で頑張っております。 



それはリタイア後の年金生活を楽しみにしている

(アメリカ人はとくに、リタイア後をハワイやフロリダで!と真剣に50歳位から、コンドを買ったりして、ちょっとずつ実行している輩が少なくない・・・)

からで、

もしも、、、、、









あなたから、預かった、年金の運用に失敗して、ほとんど・・・・

スッちゃいました。。













てなことなったりしたら!?


例えば、カリフォルニア州の年金運用会社
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9

は、何十兆円という資金を背景に、モノいう株主として有名ですが、


そんな大切な資金を預かって、マジメに増やそう、そして、みんなが、幸せなリタイア生活がおくれるように、少しでも運用益を上げよう!





と、ある意味、至って、フツーに、彼らは彼らの立場で、彼らがすべき仕事をしているように私には映るのです。











話を戻しまして、、、

最後に

日本でも21世紀フォックスでお馴染みの

FOX

ですが、こちらも現在のOwnerはこの方



http://diamond.jp/series/bizmanager/10017/

です。



因みに

イギリス最王手で世界で最も歴史のある新聞といえば、

http://www.timesonline.co.uk/tol/news/


ですが、こちらを含め、


更に、


日本でも有名なこの新聞

http://online.wsj.com/public/us


のオーナーも、この方(厳密にはこの方の会社)が所有いたしております。


そして、

このオーナーは日本では、あまり知られていませんが、世界中に100社以上の新聞社を所有しており、


同時テロ勃発後、いち早く、自分の新聞社(といっても、世界に影響力がある!)を通じて、アメリカのテロに対する戦争に対して、指示する!と表明しました。


この流れが結局、世論となり、


テロ撲滅、そして、アメリカの愛国心



を掲げるような風潮になっていったことは皆さんの記憶にも新しいことでしょう。


因みに、


このオーナーの特徴は、熱狂的な


市場原理


主義者
という点でしょう。

つまり、
できるだけ、保護主義を撤廃し、競争原理を取り入れ、小さい政府にすることにより、経済は成長する。。。


という、アメリカの典型的な発想です。

この方、因みに、国籍も最近、オーストラリアからアメリカに変えてしまいました→WSJを購入する際に国籍が問題になったとの情報もある。。





そして、この方は、アメリカの中でも

市場原理主義

を徹底的に標榜する政党の





共和党




の筋金入りのスポンサー



だということを最後に付け加えておきましょう。






どうっすか?
これがこっちの状況です。

私が日本の民間人が、したたり顔で



「公共性」



という言葉を使っているのに、ひっかかる理由がこれでお分かりになっていただけましたでしょうか(笑)













◎原油高、資源高、、、、

でお悩みのアナタにKCF流
ワンポイントアドバイス。



皆さん、最近ちょっとだけ安くなったとはいえ、それでも原油高、、、ですよね。



アナタはこの状況にどう対処してますか?



●ハイブリッド車に変更する。
●スクーターにもっぱら乗っている→賢いかもしれない。
●車は乗らない→ ハワイでは、そうも云ってられない。。



私が取っている方法をご紹介したいとおもいます。


それは、


油の株(厳密にはETF)



を買う!
という方法です。




株を買う?

アメリカじゃ、そんなに上がってるの?





例えば、


こちらのHP



http://finance.yahoo.com/




左上にある

「Get Quotes」




油の銘柄である



「OIL」

と入力してクリックしてみてください。




右側にチャート


が出てきます。


そして、

チャートの下側の



2年間をあらわす、



2Y

というところをクリックしてみてください。



私は

原油の値段が上がると自分の株も上がるので、これにより、相殺できる。。。。(^^;


という風に発想を転換するようにしてます。
株が下がったら、ガソリンも安くなるから、まぁいいか・・・と。




日本でも

OIL(アメリカの株)の買い方を知りたい方?
次回の居酒屋交流会にてノウハウを教えてます。









◎次回の居酒屋交流会のお知らせ。


次回は8月29日(金)
場所・都内
19時〜(予)



になりました。 
ご希望の方、座席数に限りがありますので、お早めに小林まで、ご一報下さい。

場所等、詳細はまた追って、ご連絡いたします。


今回はメンバーさんのお店ではないので席が埋まり次第、受付を終了させて戴きます。



ご了承下さい。






それでは、皆さん 
また来週!




小林より
バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n