Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2008年05月01日
皆さんこんにちは!

先々週ハワイに戻ってきたばかりですが、もう、次回の来日のスケジュールはどうしようかな???と考えはじめてきております。

一応5月の下旬位かな?と勝手に思っておりましたが、、、

が、思ったより、調整が難航している自分に気がつきました。 

なぜか!?

それは・・・・・




こっちでは、5月は卒業式シーズンに重なることが判明したからです。

日本では今月新学期が始まったばかりでしょうが、こちらは来月、春学期が終わります。 つまり、卒業式もこの時期に行われるのです。。。

実は私の小6の長男がその卒業生となりまして、親として、ほとんど、何もしていない私もこの時期くらいは責務を果たすべきかと。。。 思いまして、、


さて、

前回、私の方で勝手な解釈の日米比較文化論をコメントいたしましたが、これがなぜか良好だったようで、今回は、その続編をについて、コメントしてみようかとおもいました。


といいまして、前回はあまりにも「長い」文面でしたので、今回はもうちょっと手短に、したいとおもいます(笑)





まず、皆さん

この以下のコメントを覚えていらっいますか?



某企業が、「自主廃業」を発表する会見の場で、



「みんな私たち(経営陣)が悪いんであって、社員は悪くありませんから! 



どうか社員に応援をしてやってください。優秀な社員がたくさんいます、お願いします、私達が悪いんです。社員は悪くございません」


と男泣きに泣きながら社員をかばったことがテレビで放送されて注目された。。。。





そう。

山一證券廃業時の当時の社長さんのコメントです。


私はこの社長さんは真摯な意味で、このコメントしているとおもいましたし、実際のこの元社長さん(野沢さん)のその後の旧社員の再就職活動のサポート活動が、以前にドキュメンタリーで放映されているのを、テレビで観て(ハワイでもやっていた)それ依頼、この方が好きになりました。


が、


今日はちょっと違う観点からコメントしてみたいと思った次第です。 



まず、第一に、



男泣


とありますが、

本当に

彼らは泣くほど「辛かった」といえるのでしょうか?



本当に悲しくて泣きたい人は別にいるのではないかと?





と、私は思ってしまうのです。



例えば、
彼ら(経営陣)は従業員は悪くない。。。

と申しとておりますが、従業員は確かに悪くないし、ある意味、境遇の被害者ともいえるでしょう。 

まさか朝、会社に行ったら、もう会社はありません。

といわれれば、自分は被害者だ!と感じる方も多いでしょうし、悲しむ人も多いことでしょう。→それは理解できます。



が、従業員は雇用契約で、「会社が潰れても、給料は払う」という契約にはなっていないはずですし、どんな会社でも、潰れる可能性があることはフツー大卒者であればフツーに理解できることでしょう。



我々ベンチャー経営者は起業してみるとわかりますが、これは日本でもハワイでも恐らく、同じような状況かとおもいますが、


いろいろと商談を進める中で、「OK!契約します」



と云っておきながら、次の日になったら、



「スミマセン。やっぱり事情が代わりって出来なくなりました」


なんて話は日常茶飯事ですし、そんなことでいちいち悲しい・・・とか、辛い・・・とか行っている社長は見たことがありませんし(すくなくとも私の周りには居ない)


ましてや、契約が取れなかったから、不況になり、社員に給料が払えなくなるから、申し訳ないので、再就職の先を探したというアメリカ人の企業の社長も聞いたことがありません。






次に旧経営陣



飛ばしの事実は野沢社長が就任したあとに知ったそうで、、、

私の意見ですが、

このとき、取締役として、社長さんが取るべき、立場は泣いて謝ることではなく、株主の立場を代表する、取締役(本来、取締役とはそのような立場にある)として、旧経営陣にたいする「株主賠償訴訟」でしょう。



前回のメルマガに書きましたように、恐らく、、旧、一部の旧役員はほとんど、株主からの圧力を受けることなく、役員報酬を勝手に自分達で決め、受け取り、儲けがでなくなったなぁ・・・と思ったら今度は、簿外債務は飛ばし、、、

まさにやりたい放題だったのではないか。。。と連想してしまうのです。



そうなのです。



私流の解釈ですが、一番泣きたいのは社長さんではなく


残念ですが、「社員さん」でもなく、




「株主」


ではないかとおもうのです。



社員、役員、は確かに仕事が(一時的にせよ)なくなって、悲しいのはわかります。

が、あとは何のリスクがあったでしょうか? 



会社が儲かると、

まず第一に、

社員に給料は支払い、

次に、

役員報酬を払い


利益が出たら、税金(法人税)を支払い、




株主配当がでるのは、その後(つまり一番最後)です。



つまり、株主のリスクとは実は、膨大なものなのです。 


それでも投資したのは、当時の旧経営陣がインチキ決算書を作成したけど、それを真に受けて、本当の数字だと思い込んだからではないでしょうか???



しかし、

結果的にインチキが明るみにでて、投資している会社そのものが無くなってしてしまった。



社長は男泣して、、、、

株主は????

一体どこにいってしまったのか?


ドキュメンタリーでは、(一時的にせよ)職を失った旧社員の生活は映されておりましたが、何億も投資していた(かもしれない)投資家は何の関心ももたれない(すくなくとも、小生はそう感じた・・・・)ように見えました。


例えば、これから、年金のカットなど、国家財政が赤字になることにより、定年後を退職金を「運用」しながら生活していこう!ということが声だかに叫ばれております。

何を隠そう。私もその叫び声を上げている一人です。。


ですが、

そんな貴重な投資金がパーになってしまったら、しかも、その理由はインチキ数字を見せられて、それを信じたから・・

となったらあなたはどんな気持ちになりますか?




結論的には、


インチキで儲けた旧経営陣に対しては刑事訴訟はあったらしいが、民事(例えば株主代表訴訟)訴訟があったとは聞いたことがない・・・


ここで指摘したいのでは


従業員、役員、株主

誰が一番のリスクを被ったでしょうか?

ということなのです。


「社員は悪くないんです・・・」→それはわかる。

「泣く」→なにが理由で泣いたのか?→社員がかわいそうで?
→おい。ちょっと待ってくれよ。。。本当に、かわいそうなのは株主じゃないかね??


と思うのですが、皆さん、いかがでしょうか?




★KCF掲示板



◎次回の居酒屋交流会のお知らせ

申し送れましたが、前回、前々回と約20名の方々にご参加いただきました。 この場お借りして、お礼申しあげます。


さて、一足早く、次回の居酒屋交流会のお知らせをしちゃいたいとおもいます。

去年の夏にも、お世話になったKCF名誉メンバー行列ができる「ヒーラー」の久田見さん(先週、ハワイではお世話になりました(笑))のご主人のお店(もう一件あった・・・)

http://g.pia.co.jp/shop/82510

で現在調整いたしております。 新宿の駅前という立地ですので、宜しいかと。→是非、皆さん、ボトルキープしていってください。 KCFメンバーバッチを見せるとお安くなるそうです。




◎KCFメンバー限定「ボトルキープ」のお知らせ

そういえば、ボトルキープで思い出しました(爆)


ワイランドホテル
http://blogs.yahoo.co.jp/aqua_hisho/50713783.html



昨年メンバーさんがTOBしました、プールサイドラウンジ、「ワイバー」にてKCFメンバー専用ボトルをご用意することになりました。


とりあえず私が先日空港から買ってきた「サントリーの響」が入ってます(笑)

ということで、メンバー様、ご自由の飲んでいってください。

※事前に来店スケジュールをメールしてください。 バーテンにセットさせます。




◎ちょびっと営業

お客様の声
http://www.hawaiijiten.com/voice.html

というリンク先を設けました。
KCFメンバーってどんな集まりなの?との素朴な疑問をお持ちの方ご参考になれば。。










最後に「カルチャーショック」を受けたい方



◎とある国の12才の少女のスピーチ

http://jp.youtube.com/watch?v=C2g473JWAEg



それでは、皆さんまた来週!


小林より
バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n