Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2008年01月25日
皆さんこんにちは

突然ですが、今回から、KCFエグゼクティブクラブレターが

KCF Club Letter



という呼び方に変更いたしました。 そして、中身ももっと充実させていきますので、皆さん、応援宜しくお願い致します。


さて、その初陣となるレターですが、、、


どんなトピックが宜しいでしょうか?



いきなり「手を抜いている!」といわれるのも「癪」なので(笑)私がハワイ(アメリカ)にいて、最近感じている「変」なこと。をコメントしてみたいとおもいます。



最近、私は皆さんにハワイの経済、ビジネス、日本との考え方の違い・・・といった、ちょっと「比較文化論」的なトピックを私なりの目線でお伝えしてきておりますが、しかも結構「変」な解釈をしているかな?と思いきや、

なかなかポジティブな反応がありましたので、今回もそのあたりについて、コメントしてみたいと思います。


今回のトピックはハワイ、そしてアメリカを動かしている「実力者」という、ビッグなトピックを、また小林護流の解釈でお話してみたいとおもいます。


さて、その実力者ですが、



いきなり、結論から言ってしまいましょう。



大まかにいって、「彼ら」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%83%97
がアメリカを動かしている。といってほぼ間違いありません。(厳密にいうと彼らの中に、更にいくつかのグループがあるので、そのあたりは追って、コメントしたいとおもってます)

さて、

どの位彼らは力をもっているか?


という問に対して、


今までのアメリカの「ほぼ、すべて」の大統領は「彼ら」のグループから輩出されている。とお答えすれば、だいたいイメージが付きますでしょうか?


ご参考までに、「ほぼ」すべて、、ですので、厳密にいうと、何人かの例外がおりまして、、、

その代表的な方といえば、

アメリカ史上、最年少43歳という年齢で大統領になった
この方

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BBF%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%8D%E3%83%87%E3%82%A3

が有名です。
が、彼がどういう結末になったかをここで述べる必要はないでしょう。。


と、まぁ、

この位であれば、ちょっとアメリカの歴史に詳しい方であればご存知の方も多いかとおもいますが、これは「政治」の世界であって、

次に

「経済」の世界ではどうか? 誰がアメリカ経済をコントロールしているのか?



について触れてみましょう。



例えば、こんなところにヒントがありました。


皆さん、サブプライムローン問題でほとんどのアメリカ中の大手投資銀行が「空前な規模の赤字」(その額、多いところで2兆円超のところもある。。。。)なのは、昨今のマスコミの報道で、よくご存知かと思いますが、



そんな中で、



3年連続して、過去最高収益を更新中・・・という、「空前の黒字」を出しまくっている会社が一社あるのをご存知でしょうか?



答えは
http://www2.goldmansachs.com/

なのですが、



ちなみに、その理由がこちら

http://r25.jp/magazine/ranking_review/10005000/1112007012505.html

に書かれております。




確かに、それもそうなのですが、



ここでは、小林流解釈をちょっとコメントしてみたいとおもいます。



まず、


ゴールドマンサックスの前CEO
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3
は現職のアメリカ財務長官です。

そして、


その後を継いだ(つまり現役のゴールドマンのトップ)は

「ブランクファイン」という名前の方です。 彼がその過去最高収益を塗り替えている中心人物なのです。 が、、、

それにしても、

ブランクファイン?ちょっと変わった名前だとおもいませんか?



ちょっと「アインシュタイン」に発音が似てますね。




そうです。
ユダヤ系です。


そして、前FRB議長で、今でも影響力をもつといわれているこの人

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%B3



ユダヤ系です。


もう1人位いきましょうか。。


ちょっと前の話になりますが、アメリカの政界史上、屈指の外交フィクサーといえば、


この方
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC

であることに異論を唱える方はいないでしょう。

そして、彼もまた、ユダヤ系であることは有名な話です。


こうしてみるとお分かりになってくるかとおもいますが、

つまり、アメリカの政治、そして、経済の中核メンバーを眺めると、表面上はどうであれ、実質的に、「どんな連中」が本当の権力を持っているかが見えてくるのがわかるような気がしませんか?




あっ・・・・! 



そうそう、権力者といえば・・・・・ 


忘れてはいけない人がもう1人。


ハワイにも身近な方
「この方」
http://www.jewishvirtuallibrary.org/jsource/biography/linglelinda.html


がユダヤ系だということは意外と知られておりませんね。




それでは、皆さんまた来週!







◎個別相談会「残り枠」のお知らせ




2月5日〜9日まで開催される個別相談会の残り枠があと「1席」



5日
14時15分〜15時半



となりました。


ご希望の方、お早めにどうぞ。



※居酒屋交流会(新年会バージョン)は満席となりました(当初の予定人数を10名ほど、オーバーしてしまいました)ので、この辺りで予約を締め切らせていただきます。 



小林より
バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n