Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2008年01月03日
subject: エグゼクティブ倶楽部レター (160)



皆さん、あけましておめでとうございます。


年末は忘年会@ハワイの後、投資家さんディナー、ハワイでの忘年会そして、昨日はハワイ大学のシュガーボウル交流会、、、と、そんなハワイでのお正月でした。


さて、弊社の活動ですが、今年も昨年同様、私は頻繁に日本とハワイを行き来するようなスタイルになりそうです。 

常連さんの皆さん、そして新規の方々、本年も、宜しくお願い致します。

さて、今回は、この機会に、小生の行っている活動について少々コメントしてみたいとおもいます。




思えば、去年は合計7回ほど、日本とハワイを往復し、延べ人数、約200名の経営者の方々とお会い致しました。

そんな過去を振り返ってみると、、中には名刺を見てもまったくお顔を思い出せない(失礼)方もいらっしゃいますが、逆に、一度お会いしたら決して忘れることができない(笑)・・・格別な出会いもありました。 

今年も、そんな出会いを、大切にしたいとおもいます。

さて、出会い、、、といえば、

今回はちょっと「小林流マーケッティング」についてコメントしてみたいとおもいます。



さて、よく、巷では、運勢だ、身だしなみだ、方角だ、ラッキーカラーだ、と、騒がれておりますが、確かに、その部分だけ観ると、「その通りだ。。」とおもいますが、、、

が、

それより、何より重要なことは、「どれだけの数を知っているか?」


結局のところ、「人脈」→これに尽きるのではないかとおもうのです。

あなたが、どんなに頭のいい人であっても、どれだけ、特殊技術を持っている人でも、結局、どれだけの「凄い」方があなたの能力を理解してくれるか?

によって、その人の人生は大きく左右されてしまう。。とおもったことはありませんか?

逆にいうと、まだ息をも飲むほどの凄い方にお会いしたことがない方であれば、あなたの潜在能力は、私がおもうに、まだ眠っている可能性があります。


そんな具合に突き詰めてかんがえると、「人生のマーケッティング」の最大の極意は、「出会い」だとおもうのです。

努力も確かに必要だけれど、様は現役でいられる数十年で、どれだけ凄い人に会えるか?という運も重要ではないか。。。と。

よき理解者(しかもパワーを持った)の数がどれだけいるかによって、あなたの力は彼らによって加速され、また逆風が吹いたにしても、依然、前に進むパワーになってくれることでしょう。



ちょっと話は脱線しますが、私は、「ロシア」の今の国家戦略はとても興味深いと感じています。

最近よく聞く、「資源外交」がそれです。



今までの常識は、軍事や政治といった、ハードな面で力を持った国家が世界を動かす。という、ある意味、わかりやすい解釈だったかとおもうのですが、


今のロシアを見ますと、「ハードより大事なのはソフトだ・・」と云わんばかり、つまり店舗経営のノウハウより、(資源)問屋の方だ大事だという発想を世界に浸透させてきているよ様な気がするのです。

また、この点は次回以上のメルマガでお知らせしようとおもってますが、ファンドマネーと相まって「資源とファンド」を制するものが世界を制する?という国家戦略を感じております。



幾分、話が脱線してしまいましたが、つまり、人の発想や、行動はその人の持っている「資源」だと考えると、その資源をどのように有効利用できるか?も大事ですが

しかし、そんな小手先な発想ではなく、「れだけの数の大物」に出会えて、どれだけ自分を引き出してもらえるか?によって、人生の回答が変わってくるのでは?と、つくづく、おもうのです。

つまり、「レバレッジ?」を効かせることができるのです。



また、「どれだけ引き出してもらえるか?」と書きますと、一件、他力本願的に聞こえますが、私の経験では、特殊能力をもっている方と、それを利用する方の関係は決して、一方通行ではなく、必ず、お互いにメリットがある。という形になります。→そうならないと長い関係にはならない。

つまり、大物マーケッティングは、実は、そんなに難しくなく、また、大物も実はあなたような特殊技術屋さんとの出会いを待っている帰来があると私は経験上、感じます。

いろいろと長くなりましたが、私は2008年も、こんな理由で、日本でいろいろな方とお会いして、「名物男」、「化け物」、「変人」等々、一般での私生活では中々お目にかかれない、日本人を発掘することに専念したいとおもっております。



小林より







◎プチ移住者をご希望の方へ

来月よりヒルトンハワイアンビレッジからワンブロックにあります、コンドミニアム「シャトーワイキキ」

http://www.hawaiijiten.com/photo2007121101.html

を2ヶ月だけリースに出したいメンバーさんがいらっしゃいます。

ご希望の方、詳細は今すぐ早瀬社長

hayase@haruka.co.jp

までどうぞ!
バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n