Enjoy HAWAIIJITEN

[ハワイ辞典ニュース]  2007年01月09日
皆様こんにちは


2007年最初のメルマガです。
本年も頑張りますので応援どうぞ宜しくお願い致します!

今日は天気曇りのち雨のハワイですが、去年の今頃比べると中々天気も上々だとおもいます。

さて、今年もまずは「ハワイプチ移住」についての話題から進めてみたいとおもいます。


確か前回はプチ移住の条件としてE2ビザの取得をしてハワイに好きなときに好きなだけ住むそして+儲ける(投資)。 というコンセプトをお知らせしましたが、今回は前回に引き続きこの「儲ける」について検証してみたいとおもいます。

まず儲けるといってもはじめから大きな投資をする。というのは中々勇気のいることですし、現実的には日本での本業もあることですし難しいのではないでしょうか? いきなりEビザを取得するために何千マンも投資して。。。となるとやりたいのは山々だけど、「まずは日本のビジネス構築が優先」となる方が多いとおもいます。 

(ハワイクレイジーの集まりであるKCFメンバーでさえそのような方が多数だとおもいますので、一般の方ならなおそうでしょう)

そこで小生がお勧めしたいのはプチ移住の前座の「プチ海外投資」です。

プチ投資? 一体なんだそりゃ? とお思いの方、例えば皆様今アメリカの金利はいくらかご存知でしょうか? 銀行の定期預金では4%〜4.5%位といったところです。 小生がよく行くCPBは6ヶ月で4.25%でした。

また日本人でも「アメリカの国債」を購入できるのをご存知でしょうか? アメリカがデフォルトになる可能性は恐らく日本がデフォルトになる可能性より低いでしょうから、「分散投資」としてドルを持つという意味でこの国債の購入は銀行のCDより利率もいいのでお勧めです。

銀行はFDICが10万ドルまで保証、国債は政府が保証ですからどちらもノーリスクです。 更にハワイ州政府が発行している州債というものもあるそうです(小生の方で現在リサーチ中) 州債は税金も免除になるそうですのでそうなると銀行のCDよりもレートがよくて税金も一部免除?であれば還元率は当然いいわけですからまずはそのあたりから投資して次回のハワイ旅行費用を捻出する。というところからスタートしてみるのはいかがでしょうか?

これは私が考えた造語「プチ海外投資」の発想です。 最初はノーリスクローリターン(といっても年利5%位)から初めて少ずつリスクのある商品も追加するようなポートフォリオを構築していきます。 当然「複利」で廻して最後は→M&Aしてプチ移住です。

次回もそのあたりや実際の金融商品などについて触れてみたいとおもいます。 今度のハワイ旅行「おみやげ」にはアメリカ国債を買いましょう。

それでは皆様また来週!

小林より



新企画
◎ 小林護 ハワイ珍道中  ◎

このコーナーは私がハワイに住んでいて日本と違うな〜と思ったり、ショックを受けたり、感激したりといった点の独り言のようなものです。 (まったくビジネスのためにならないとおもいますが)なにかのご参考になればとおもい、企画してみました。

そして輝かしい第一回目のテーマは

ハワイにはやたらと「裸」な男が多い。
(しかも必ずと云っていいほど腕にタトゥーが入っている)
という点です。

いきなりアホな話題からで申し訳ないですが、是非お知らせしたいとおもいました。

ここは海に近いという場所柄でしょうか? それともハワイ人は単純に暑がり?なのでしょうか? その両方が理由なのか、ハワイでは(上半身だでけではありますが)裸の男性が多いです。 例えば東京で上半身裸で電車に乗ったり、道を歩いていている人を見たことありますか???) 

ハワイではそんな輩があまりにも多いので、感覚が麻痺しているのか、別に誰も何も言いません。勿論警察も「挙動不審」で職務質問。。。なんてことにはなりません。

それどころかそんな奇異な裸体をさらしている男たちはごく普通に「ハーイ!」とかいって銀行でお金を引き出したり、セブンイレブンやマクドナルドで注文をしたりしております。それに対して店員も別に普通に接しております。。。。♪

ですがこの間あるコンビニのドアで「下記の方お断り」というシールが貼ってありスケボー、ペット、シャツを着ていない人のデザインがしてありました。 やはりハワイの人も裸男は歓迎していないようです。


それではハワイ珍道中コーナー次回もお楽しみに。

バックナンバー

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n