東南アジア市場で株式上場(IPO)

あなたの企業を東南アジア市場で株式上場(IPO)させませんか?
費用は要りません。弊社が一切を負担いたします(完全成功報酬)

弊社では、主に東南アジアの国々にて、御社のIPO(株式上場)を原則成功報酬にて請け負います。
上場する市場は日本ではなく、東南アジアが中心となります。また御社の金銭的負担はありません。

弊社では、弊社のパートナー現地証券会社(こちらの証券会社も上場会社)と提携いたしました。
ちなみに、そのパートナー証券会社は、2015年単年だけで15社の「日本の企業」の上場を成功させました。

尚、上場には、準備金として、弁護士費用、会計士費用、証券取引所手数料等、通常日本円にて約3000万円(それぞれの国の基準によって違いはあります)程度が「前金」として必要になります。

しかも、前金を払ったからといって必ず上場できるとは無論、限らず、また上場できたとしても、市場による資金調達が満足にできるかどうかも確定には至らずリスクが高い「投資」と考えられてきました。

そこで弊社はその閉塞感を打破するために、業界でもほとんど他に類を見ない手法として、この資金的なリスクを全て弊社側にて負担する。という契約内容にて進める形といたしました。

これにより、IPOを目指す企業のオーナーにとっては、文字通り金銭的なリスクがゼロによる株式公開による資金調達が可能になりました。

ちなみに、今までの経緯での資金調達として、最大4億円(日本円換算)できております。
(ちなみのその企業はエステ業界の企業さんです)

また上場までに日程は3から6か月となっております。
弊社では上場できた場合にのみ、上場後(IPO後)からの株式売却益の一部(通常企業オーナー様側と折半)を成功報酬として受領する形といたしております。
よって、上場できない場合は、弊社側のみ先ほど記述いたしました額を失う形と相成ります。

詳しくはメールにて直接お問い合わせください。 日本にて個別相談会を開催いたしております。

それでは御社の益々のご発展を心より祈念いたしております。


y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n