Enjoy HAWAIIJITEN

なぜM&Aなのか?

他の方はどんな流れでM&Aをしているのかは、詳しくはわかりませんが、私はいろいろ試行錯誤の末、独学ではありますが、以下のようなフローで進めるようになりました。

メンバー登録
弊社では完全メンバーシップ制とさせて戴いております。
メンバー登録の詳細は
http://www.hawaiijiten.com/inc/index.html
をご参照ください。
個別相談会の申し込み
実際の投資案件の詳細、進め方等につきましては、個別相談会をご利用ください。
個別相談会につきましては、
http://www.hawaiijiten.com/hawaii/hawaii2.html
をご参照ください。
LOI (買い付け証明書の提出)

個別相談会にて、自分のご希望に沿った投資案件があった場合、実際の、目視での視察等後「進めたい」場合は、通常LOI(Letter of Intent)を売主に提出します。

LOIとは日本語では買い付け証明書の意味です。自分がこの額で、あなたの会社の株の何%を取得する意思があります。と、正式に意思表明するわけです。

※LOIと同時に投資家の残高証明書を提出する場合もあります。これにより、意思があり、さらに、資金的な根拠もあることが証明できます。
株式買収契約書の作成
LOIにお互いが合意した場合、次に正式な契約書を取り交わします。契約書にはDue diligenceその他の特記事項、免責事項についても記入します。手続き内容の詳細は企業秘密となりますので、これ以上詳しく書けませんのでので詳細は個別相談会にて直接お尋ねください(笑)
エスクロー口座の開設及び投資金の入金

株式買収契約書を取り交わすのと同時にエスクロー口座を開設し入金します。
エスクローはアメリカで不動産や会社の売買の際にこちらでは常識として使う機関ですが、日本ではまだ知名度が低いようです。 以下、私が前にサラリーマンをしていたときの関連会社のHPです。ご参照ください。
http://www.r-escrow.co.jp/

エスクローエージェントは契約書通りに進んでいるかを確認し、株の名義書き換えと資金の支払いを同時進行してくれる第三者期間です。
株の名義変更終了、ビザ申請(必要あれば)
この段階で、TOBによる株式の名義変更(株式公開買い付け)はすべて終了です。あなたはこの段階で立派な「オーナーさん」です。♪ おめでとうございます!
株主総会の実施、および、配当金の受け取り発生

通常は私(小林護)も同時にちょっぴり株主になるケースが多く、一緒に株主総会(といっても基本的にはいつもの打ち合わせとそう大差はない(笑)に出席し、大まかな会社の方針を策定し、収益から配当額などを決定し、受け取ります。(ワクワク)

また、月々の売り上げ、収支レポートなどはメールで毎月送られてきます。 → 日本にいても、メールで収支を確認できる。
また、株主として、いろいろと売り上げが伸ばせるようなアイディアはどんどんボードミーティングにてボードメンバーに指示します。利益が上がるとメンバーの報酬も上がるので、みんなが真剣になって一致団結して頑張ります。

どうですか?なんかワクワク感があって、カッコいいとおもいませんか?
戻る 次に進む

y[WTOP
Copyright 2014 Kobayashi Consulting Firm, inc.n